瞳孔? 瞳孔の異常 その1

お昼に網膜硝子体や緑内障の緊急手術がありました。
午後の診療も遅れずに開始ができ、スタッフの協力・優秀さに感謝です。
夜は近隣の先生方に糖尿病網膜症について、1時間の講演をさせて頂いたのですが、数日前から、のどがイガイガして、声が枯れていて大変でした[:悲しい:]

瞳孔? 瞳孔の異常
瞳孔は目の中に入る光の量を調節したり、ピントの調節などにも役立ち、状況によって、大きくなったり小さくなったりと、変動を繰り返しています。(明るいところ⇒散瞳、暗いところ⇒縮瞳)

瞳孔の異常は大きく2つに分けられます。
?虹彩の構造上の異常
?神経学的な機能上の異常

?虹彩の構造上の異常
・瞳孔が大きすぎる場合
外傷などによって虹彩が断裂したり、瞳孔を小さくするための筋肉が麻痺してしまう場合があったり(麻痺性散瞳)、手術手技の問題で虹彩が切除されていたり、稀ですが生まれつき虹彩が全くない。または一部がない。なんていう人もいます。
⇒虹彩がない・瞳孔が大きすぎると、光が入り過ぎてしまうので、眩しくなってしまいます。手術で虹彩を縫合したり、人工の虹彩を縫いつけたり、虹彩の模様の入ったコンタクトレンズを使って頂く場合などもあります。

眼球破裂後の虹彩損失

・瞳孔が小さすぎる・偏位している場合
ぶどう膜炎などの目に炎症が起こる病気や、手術後、外傷後などでは、目の中に炎症が起こり、虹彩が小さくなったまま癒着をしてしまう場合があります。瞳孔が中心部から外れて、端っこにズレた状態で癒着をしたりしてしまう場合も。サンピロという目薬の副作用で瞳孔が小さいまま癒着をしてしまうことも。
⇒瞳孔が開かないと、目の中に入る光が少ないために、視界が暗く感じます。
瞳孔が偏位してズレていたりすると、光の通り道が遮られ、視力が下がってしまう場合もあります。また、目の中を循環する房水の流れに影響して、緑内障という病態を起こすこともあります。
炎症による癒着が軽度・早期の場合には、瞳孔を広げる目薬(散瞳薬)のみで解決してしまう場合もありますが、ある程度、癒着のひどくなったものや、偏位しているものでは、瞳孔を切ったり縫ったりする手術を行う事もあります。

瞳孔偏位による視力低下⇒手術で中心部を切開

?神経学的な機能上の異常

こちらの?をメインで書こうと思ったのですが、
ちょっと眠くなってしまったので、今日はこれでお終いに。

実は、視神経炎という病気の患者様がいらっしゃり、それに関連して瞳孔について書き始めたのですが、前置きばかり長くなってきています・・・。

“瞳孔? 瞳孔の異常 その1” への4件の返信

  1. 野球で硬式ボールが眼球に当たり外傷性散瞳になりました。かなり瞳孔が開いており、まぶしさとかすみ、ぼやけを感じます。視力は1.2くらいはあります。サンピロをさすと瞳孔は普通に小さくなります。サンピロをさしても小さくならない人が多いと言われていたので治る可能性は高いと言われましたが、なかなか治りません。治すためにすべきことはありますか?また、少しでも瞳孔は小さくなるのでしょうか?教えて下さい!

    1. 遅くなってすみません。受傷後、短期間の投稿と思います。
      外傷性散瞳では、半年後、1年後、徐々に回復に向かうことが多いですが、
      重症例では全く回復しないケースもあります。
      治療は通常経過観察のみですが、絶対的な根拠はありませんが、僕もサンピロを処方しています。
      担当の先生の説明通り、サンピロが効く時点で回復していく症例の可能性が高いと思います。
      (重症例では、一見、虹彩がどこにあるのか分からないほど開いてしまい、サンピロに無反応です。)
      年単位で回復が得られないケースでは、手術治療もあります。
      近年、保険適応外ですが、見た目的にもまずまずの治療法が出てきています。

  2. 片目の瞳孔が暗いところでも開きません。大学病院で検査を受けましたが、原因不明とのことで治療等は何も行わず、今に至ってます。
    日中は特に支障は無いですが、夜間や、トンネルなどの運転はとても疲れますし、肩こりがひどいです。本当に何も治療法がないのでしょうか?このままほっといても悪くなることはないのでしょうか?教えて下さい。

    1. 対光反応や近見反応、他の神経眼科所見、薬剤投与時の反応があるかなど、
      情報や検査内容も不明で何ともいえません。すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です