当ブログに関して

初めて読んで頂く方は下をクリック

*診療の合間に書いています。極力わかりやすい文章を心がけて記載しているつもりですが、推敲などをする時間はなく誤字脱字はお許し下さい。

*お世話になっていた企業がなくなってしまい、H29年にブログを移行しました。リンクが合わなくなってしまったり、文字化けが発生しています。時間がかかると思いますが徐々に修正を行います。

*各疾患について、初めから読んで頂ける場合は、PCでは画面右、スマホやタブレットではページ下部に表示される「カテゴリー」から、疾患名をクリックしてください。

*コメント等、各ページの内容の詳細は、タイトルの部分をクリックすると専用ページが表示されます。

*コメントでの診療の質問は、診療をしていないので、ある程度のレベルでの回答です。責任は持てません。また、連続的な投稿全てに回答するのは困難です。すみませんが、基本的には1質問者様に対し1回のみ回答します。そして、主治医の先生に聞けばわかるような内容に関しては回答を控えさせて頂きます。(主治医には聞きにくいから。というためのものではありません。)

*沢山の患者さんとコミュニケーションが取れた、「栗原勇大の眼科Q&A」は、大量のスパム?迷惑書き込みのような攻撃を受けてしまい、再開不能の見込みです。残念です。

“当ブログに関して” への54件の返信

  1. 栗原先生
    ご相談させていただきたいのですが、74才になる父親のことです。もともと先天性網膜色素変性症があり、20年ほど前に白内障の手術を受けました。徐々に視野狭窄、視力低下はすすんでいましたが、なんとか一人で外出できる状態でした。しかし平成29年12月中旬くらいより急に視力が低下し、かかりつけの眼科医の診察でレンズがずれているとのことで年末に眼内レンズ縫着術を受けました。レンズはきれいについているとのことでしたが視力か全く上がらずとても落ち込んでいます。もう片方もずれているので早めに手術をした方がよいと進められているのてすが、元々の病気があるためもう視力は戻らないのでしょうか?
    もう片方をやるべきか迷っています。
    レンズはずれたままでも大丈夫でしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  2. 昨日、まさに同じような方の手術がありました。糖尿病網膜症で眼底の状態が悪く、角膜混濁もあり、もともとの視力が0.2、レンズが眼底に完全に落下して、視力0.02という方です。
    レンズを取り出して、強膜内固定という方法で手術も20分強かかりました。通常の白内障と比べるとかなり大変な手術です。視野も狭いですし、そもそもご本人はレンズ落下による視力低下の認識はなく、「上を見ると目の中に丸いものが見える。」という主訴でした。
    それでも手術が必要なのは、落下したレンズが網膜を傷つけて、網膜剥離や眼底出血などを生じ、失明に至る可能性があるからです。

    ただし、レンズ落下=100%網膜剥離になるわけではありません。すでに視力がほとんどなく、明るいか暗いかなのどのレベルの場合は、手術による負担や術中の光毒性(網膜色素変性症は強い光で進行します)によって失明を早めるリスクもあり、様子を見るほうがbetterなときもあります。この場合、睡眠時に仰向けにならないようにします。(黄斑、中心視野が残っている場合は特に。)

    また、レンズが多少ずれているのみであれば、明らかに落下するまでは進行のスピードなどを見守っても良いと思います。(急に落下して準緊急で手術が必要になるリスクは飲んで)

    基本的には術前にゴールドマン視野検査を行うことが必須で、残存視野の状態や、術後視力の見込み、放置した場合のリスクなど、詳しく評価をしてみる必要があります。

    1. 栗原先生
      ご丁寧に詳しいメール本当にありがとうございました。現在もまだ手術はしていませんが、やや視力低下がすすんでいるようです。難病で治らないと思っても少しでも進行がすすまないでいてくれることを願っています。

  3. 栗原先生 お忙しいところ申し訳ありません。
    何時もブログを拝見しているものです。
    ところで、私自身の事についておききしたいのですが、
    当方は○○歳の歯科医師です。じつは、13年前に左目 裂孔源性の網膜剥離を発症しまして、バックリングにて手術受けて、治癒しました。視力も、1、0まで回復して普通に診療していたのですが、昨年6月に、上記疾患の後遺症と思われる、黄斑円孔を発症しました。昨年9月、13年前と同じ○○大の眼科で、硝子体手術と上膜の除去術受け、ガスを入れて2週間で退院しました。円孔は無事閉鎖して、黄斑円孔は治癒したのですが、退院の1週間後、13年前と同じ部位の網膜剥離を発症して(主治医の先生によると、かなり希だそうです)て、再度、硝子体手術を受けて、レーザ凝固してガスを入れうつむき2週間で退院しました。ところが退院後、4日後、同部再度網膜剥離、再度硝子体手術、レーザー凝固、クライオサージ、今度はシリコンオイルを入れ、1週間で退院しました。シリコンオイルを入れ3ヶ月経った、今月16日、オイル除去術を受け、19日退院しました。術後初回の検診の24日、今日、再度同部再度に網膜剥離を発症して、来週、30日に13年前のバックルを除去して、ドーナツバックルを入れる手術をするそうです。自分としては、私の目が弱いのは承知ですが、これだけ重なると、本当かなと思われてしかたないです。地域では評判良い眼科ですし、関東圏からも患者さんがくる、そうですが。このまま信じて進めばよいのでしょうか?
    私の眼を一番良く知っているのは、○○大の主治医の先生ですし。誠実で真摯にな人柄で、私は大好きな眼科医の先生なのですが、なにせ、巡り合わせが悪過ぎるので、かなり不安です。
    現在矯正視力は、0、6でした。このまま来週手術を受けて良いのでしょうか?

    ○○大は伏せ字にして下さいね

    1. 固有名詞を変更させて頂きました。
      きちんとした病院だと認識していますが、網膜剥離は全例が1回でくっつくものではなく、数が多くなるほど100%では治癒しなくなります。
      ネットで100%治していると大々的に広告している眼科さんがありますが、飛蚊症を網膜剥離に発症リスクという説明で手術をしたあとに失明されて相談に来たかたも経験しており、100%復位という医院はまずないと思います。
      病状以外に、運や相性、めぐりあわせがあることは否めません。
      僕もリオペの時に、もう少し念入りにに硝子体や膜を削っておけば、良かったのかな・・・。と反省をすることもありますし、
      あまり手術に時間をかければ、それはそれで負担がかかって視力が出にくくなりますので、短時間でなおればそれがよかったということになり、
      基本的には、ああしておけば。という結果論になってしまいます。
      バックリング手術後の硝子体手術は、思っているよりリスクが高く、術後網膜剥離(増殖網膜症)というのは珍しくはないと思います。
      近年、バックリング手術をする先生が激減しているのは、硝子体の成績向上のみでなく、その後の合併症や長期予後、再手術のことを考えてというのもあります。

      剥がれていれば、手術は受けるしかないのだと思いますよ。
      むしろ一つだけ気になるのは、来週まで待っていて大丈夫なのだろうか・・・。ということです。

  4. 眼科医をしています。先生のブログは参考になりますが、IOL落下が20分でというのはありえません。
    他にも件数や時間など、少し盛り過ぎなのでは?と疑ってしまうのですが、その20分の動画はyou tubeにはならないのです?ブログの広告とはいえ件数が正確でなかったら問題

    1. 佐藤先生
      ブログは広告の目的はあまり考えていません。もともと当院は遠方からの手術等は極力断っています。
      当院近隣の方が安心して治療を受けられるよう、ある程度の目安にして頂いたり、
      日本中の他の眼科様で治療を受ける人が、知識なく受けるのではなく、
      少しでも知識をもって、自分の病状に納得して治療を受けられるようにと考えて記載しています。
      G6レーザーは広告様になってしまっていますが、複数回術後など、この治療以外では失明を防げないひとを
      一人でも多く助けたいという思いです。(そもそも、G6は医院は儲からない治療です。)
      全国に広く普及すれば当院で治療を引き受けることはなくなります。

      当院の治療件数は、保険診療で行われたものを基準にブログに記載しているので、その気になれば調べられると思いますし、
      先生が眼科医であれば、MRさんの評判など、当方がどういう医師かを聞いてみてはいかがでしょうか?

      IOL落下のビデオは、他院repoe、小瞳孔、角膜混濁などあり、難症例です。
      20分強かかりましたが、ご希望のyou tubeに掲載してみます。(仕事の関係で数日かかるかもしれません)
      むしろ、先週は非常勤の手術で同様のIOL落下、IOL固定で15分未満で手術をしており、20分強は長めなのですが・・・。

      頂いたコメントに反論したような記載になってしまいましたが、
      本当にそのようにとらえてしまう患者様が出てしまう可能性もあり、返信させて頂きました。
      いろいろな手術方法や工夫があって、僕も知らないことばかりで日々研鑽している毎日です。
      佐藤先生のお時間が許せば、ぜひ見学にいらしてください。
      医院に直接お電話を頂いてもいいですし、MRさんづたいなどでも構いません。

  5. 渡辺と申しますが、初めての書き込みで失礼いたします。
    生まれつきの強度近視で今年44歳になるのですが、2年前はコンタクト矯正0.9程度あった視力が片目だけ白内障となり現在0.2程度となってしまいました。(レンズの度数は-15でした)
    最近ではデスクワークの際の左右差が辛くて運転以外は牛乳瓶の底のようなメガネで過ごしています。(昨年の年始にかかりつけの先生から白内障と説明された際に作ったメガネの度数は-18です)
    最近では手術も検討しているのですが、いろいろと調べると不安になっております。
    偶然、栗原先生のブログを拝見しまして、受診したいのですが以下の点で悩んでおります。
    ①現在診ていただいている先生の紹介状が必要なのか?(現在の先生は手術については水戸市内の大きい病院を紹介するといっているので、何となく言いづらく・・・)
    ②白内障の片目だけを手術した方がよいのか、両眼がよいのか?
    ③眼内レンズの種類や将来眼内レンズが劣化した場合に再手術が可能なのかなど、他にも疑問に思っていることをお聞きしてもよろしいのか。
    家族からも心配しすぎるのではと言われますが、お聞きしても失礼でなければ栗原先生に診て頂きたいと考えております。
    つきましてはご多忙のところ誠に恐れ入りますが、コメントを頂戴できれば幸甚に存じます。

  6. 渡辺様
    住所によりますが水戸市の方が近ければ、そちらで受診・手術が良いかと思います。白内障手術の多くは非常に簡単なものです。説明やリスクなどを聞いて、どうも難しそうだぞ。という場合はまたご連絡下さい。

    ①紹介状があったほうが、より正確な情報をお話できます。宛先は当院宛の紹介状でなくても構いません。

    ②片眼の状態によりますが、基本的には強度近視をかなり減弱しますので、片眼のみ手術の場合は術後に眼鏡で生活することはできなくなります。ハードコンタクトメインで考える場合は、片眼でもバランスが取れます。両眼手術の場合のメリットは両眼ともにバランスよく近視を減弱でき、コンタクトや眼鏡の必要性が低下しますが、デメリットとして老眼になります。(術後は裸眼で近くも遠くも100点ということはありません。多焦点レンズは両方ともに質が低下し、また将来の度数ずれ、他の病気のリスクなどお勧めはできません。)
    良い方の目に老眼の症状がなく、ハードコンタクト1枚で遠近ともに生活可能であれば、片眼。すでに老眼症状があれば両眼手術で、薄いレンズですが多少は眼鏡を併用。のどちらかになると思います。

    ③眼内レンズの交換は可能ですが、現在の医学ではリスクがあり可能な医院が限られます。ただし、変なレンズを選ばなければ、数十年単位で透明性が保てる時代です。

    1. 栗原先生
      ご多忙にもかかわらず返信をいただきありがとうございます。
      また、私事でお礼が遅れまして申し訳ありません。
      いただきましたコメントについてご教示下さい。
      ①片眼には老眼の症状はないため患側のみの手術を検討しており、日常生活は今後もコンタクトレンズをメインに考えております。
      現在診ていただいている先生からは片眼だけハードレンズでは異物感を強く感じることになると言われたことがあるのですが、片眼だけハードレンズを入れている方はあまりいないのでしょうか?
      ②アクリル製レンズやシリコン製レンズ、着色レンズなどあるようですが、片眼だけ手術して将来にもう片眼を手術することとなった場合に両眼のバランスは問題ないのでしょうか?
      ③眼内レンズは数十年もつようですが、ホワイトニングやグリスニングといった事象が発生した時にはレンズの入れ替えになるのでしょうか?またその際には一度目の手術と同様の視力はでるのでしょうか?
      長文の質問だらけで申し訳ありませんが、お手すきの際にご教示いただけると幸甚に存じます。

  7.  よろしくお願いします。
     レクトミー後の濾過胞房水漏出に対し、結膜を部分縫合した後の経過は(個々の場合によって異なるとは思いますが)長期的に安定するケースも多くあるのでしょうか?
     ここのところ4か月以上リークというかどうかが微妙なレベルのにじみ出る状態が続いています。
     ムコスタ点眼や房水産生抑制剤、ヒーロンV注入等を試しながら様子見なのですが、リークが酷くなったりあまり続くようであれば処置を考えなければなりませんが、昔からの主治医と執刀医の見解が少し異なっており、悩んでいます。

     第一の見解は、結膜を再び開いて強膜フラップを再縫合するものです。昔行った結膜経由の強膜縫合で濾過胞にぷっくりした部分があり、そこが無血管で結膜が弱くなっており、部分的な縫合では裂ける恐れがあり、また低眼圧黄斑症もあまり改善しないので、手を加えるのであれば濾過法を再建した方がいいという考えです。

     第二の見解は部分的に漏れている部分を縫合するものです。現在の眼圧10前後で低眼圧黄斑症であれば濾過胞再建したとしても改善できるか疑問があり、また部分縫合はそこにテンションがかかって弱くなったりする可能性もあるが、再び結膜を開くのは大変なことで、また濾過胞全体としてはぺらぺらなわけではないから部分縫合の方がいいのではという考えです。しかし泥沼にはまっていくこともあるとのことです。

     房水漏出や持続する脈絡膜剥離などで濾過胞再建を行ってかなりの確率でうまくいった情報はありますが、部分縫合で対応してその後どうなっているケースが多いのかイマイチわかりません。
    ほとんど皆泥沼に入っていき、後延ばしにするのみで漏出解消が安定的に続くことはあまり期待できないものなのでしょうか?

  8. 4ヶ月以上もリークや低眼圧黄斑症があれば、僕なら間違いなく全ての創を完全に閉創します。
    低眼圧が続くと房水の産生機能も低下し、その人の基準となる房水動態から離れてしまいます。
    診察もしていませんし、医師によっても意見は異なると思いますが、個人的には上記の通りです。

  9. お忙しいところ申し訳ありません。cyclo g6レーザー治療についてお聞かせ下さい。昨年網膜剥離で入れたシリコンオイル抜去後に残ったオイルの影響で眼圧が上昇傾向です。現在ラタノプロストとアイファガンを点眼中ですが、それでも20近くで高止まりして目が重く、いつ緑内障に移行するかか日々怯えながら生活しています。
    そのような事態になる前に予防措置としてcyclo g6レーザー治療を受けたいと思っているのですが、私のような緑内障発症前の患者でも受入可能でしょうか。貴院以外で本設備がある病院が見つからず悩んでいます。
    よろしくお願いいたします。

    1. 僕自身があまりの効果に驚いている日々なのですが、やはり長期的なリスクがないかなど、まだまだ未解明の部分が大きい治療法です。
      長期的に何か起こるリスク < 今現在眼圧が高く、長期的に緑内障で失明するリスク
      というケースに関してのみ適応だと考えています。
      そもそも視神経に緑内障性変化がなければ、眼圧が少し高いくらいで治療する必要がありません。
      高眼圧で予防的な治療の適応は、A.常に25mmHg以上、B.重度緑内障の家族歴、C.OCTなどで経時的に視神経乳頭の変化が進行する。
      といったケースが治療の対象になります。
      また、通常は眼圧が20前後で目が重いなどは感じません。自覚症状は別のことが原因の可能性が高いと思います。
      まずはドライアイなど、他に異常がないか相談してみてください。
      すみません。

  10. 栗原先生
    丁寧なご回答いただきありがとうございます。お陰様で不安が少し和らぎました。
    私の場合、予防措置基準としてお示しされたものにいずれも該当しませんが、状況が悪化してこれの基準に当てはまるようであれば治療を検討したいと思います。よろしくお願いします。

  11. 栗原先生お忙しいところ申し訳ございません。
    私は28歳の女性で、充血で悩んでおります。
    中学生の頃ハードコンタクトを使用していたのですが、
    学校に行く度に毎日誰かに目が赤いよと言われていました。
    眼科医には充血したらコンタクトを外すようにとしか言われませんでした。
    その後、ソフトコンタクトに変えたことで充血はあまり気にならなくなりましたが、5年ほど前に結膜炎になりなかなか治らず、その治療中にドライアイだと診断を受けました。
    半年ほどジクアスやティアバランスなどを使っていたのですが、全くよくなりませんでした。血管収縮剤の入った目薬を使うことによって充血が収まるのもあって眼科に通うのを辞めてしまいました。
    それからずっと血管収縮剤入りの目薬を使用していましたが、昨年の11月いつもより目が赤く眼科に行くとけんれつはん炎と診断されました。
    そこでもまたドライアイと診断されました。
    約4ヵ月ムコスタ、ジクアス、ヒアレインミニ、オドメール等使用してきましたが良くならず、1週間前に涙点プラグを入れました。
    今のところ全く効果がなく、むしろ不快感のほうが強いです。
    血管収縮剤入りの目薬の使用を辞め、目を温めたり、サプリメントを飲んだり、ツボを押したりいろいろ気を使っているのですが治りません。
    誰が見ても目が真っ赤でびっくりされてしまいます。
    一生このまま良くならないのではないかと日々不安に押しつぶされそうです。
    一度太くなってしまった血管はもう戻らないのでしょうか?
    主治医にはドライアイが良くならないと充血は治らないと言われました。またシェーグレン症候群の可能性があるとも言われました。ドライアイと充血が少しでも改善する方法は何かありますでしょうか?
    よろしくお願い致します。

    1. 遅くなってすみません。
      収縮薬によるリバウンドとしての充血は、長期戦かつ、完全にキレイに。と行くことは難しいようです。
      が、年単位の治療で少しづつですが、みなさんが改善には向かいます。
      自己判断で治療を中断せずに、主治医の先生の点眼指導を守ってください。

  12. 友人の71歳男性の左眼硝子体出血について質問です。3月5日に墨汁を水に落としたよう見えた後、幕が引かれたように暗くなり見えなくなりました。はじめ幕は赤みを帯びていましたが、3月20日頃には灰色に変わりました。また3月15日から25日の間には黒いキノコ状の影と軸の下部に赤い塊がみえていました。この黒い影などがきえて4月2日現在は視野のごく左端と下のほう薄い三日月状のみがごく近くのものが見え、上部は中心が濃く周りが薄い灰色の磨りガラスを通して見ている様な状態です。この灰色の幕は眼球を動かすと一緒に上下左右と動きゆらゆらと水の中を動くように揺れます。3月6日の時点での診断は、眼底出血・エコーで見て網膜剥離なし・出血をひくのを2週間待つ。3月13日、硝子体出血・エコーで見て硝子体後方部にぎざぎざとした三日月状の出血。3月20日、出血は引いてきているのであと2週間経過を見ることに。本日4月2日、検査は眼圧・眼底検査のみでエコーはなし。検査の画像の詳しい説明がなく、OCTでの検査はしていません。硝子体手術と白内障手術をすることとなりましたが、2週間前と本日とでは硝子体がどのような状態であるのか・硝子体手術をする前に他に検査で出血原因等を調べる方法はないのか・上記の症状で考えうる硝子体出血原因はなにかなど知りたいのですが。また先生の診察を受けたいとして東京から近い病院はどちらになりますか。

    1. 遅くなってしまい、申し訳ありません。
      http://www.blog.sannoudaiganka.jp/?cat=50
      硝子体出血に関して、以前に書いたブログですが、
      最近は手術の安全性が向上し、手術を検討する時期が早まっていることを追記しました。
      エコー検査は精度として性格な判断が難しく、
      眼底検査で出血が邪魔をして眼底がよく見えない(医師が判断できない)程度の出血があれば
      早期に手術をすることが増えています。
      僕は自院以外では手術のみ施行し、外来検査は行っていません。
      現在、非常勤で手術を施行している医院は、プロフィールにあります。
      http://www.blog.sannoudaiganka.jp/?page_id=2

  13. 専門的なことがわからず、見え方だけをお伝えするような質問に丁寧な回答ありがとうございます。実は山王台の予約を4月4日にとったのですが、本人が大丈夫だからというので7日キャンセルをした翌日の朝(8日)、急に左眼の三分の一が真っ暗になってしまいました。診察を受けている病院に連絡しましたが、手術予定の4月20日まで様子を見るようにとのことです.網膜剥離が起きていないか心配です。

    1. おはようございます。
      視界の一部、下半分や右半分など動きにくいべったりした影があれば、網膜剥離を一番に考える必要があります。
      かかりつけの医院、近くの別の医院、予約外でも当院、網膜剥離でなければ徒労になってしまいますが、どこでもいいので、まずは早くに診察を受けるべきです。
      僕は今日は午後から出張で不在ですが、副院長も網膜剥離が得意です。

  14. 先生、こんにちは。他院での白内障手術で度数がずれてしまい落胆していた者です。こちらのブログを見つけて希望が灯りまして、いくつか質問させていただきたく、よろしくお願いいたします。
    現在54歳で、中学生のころから強度近視と2.5D程度の乱視のためHCLを使用していました。HCL度数は右-8.5D、左-7.5Dほどでした。
    5年前に右目、1か月ほど前に左目の白内障手術をそれぞれ別の眼科で受けました。右目は50cmを希望しましたが30cmになったため、左目は右に合うように40cmを希望したところ20cmになってしまいました。
    左右とも同種のトーリックレンズ使用です(右9.0D、3.00CYL、左12.5D、3.75CYL)。
    現在のオートレフ値は右が-3.25D、-0.25~0.5CYL、左が-5.00Dで、両眼とも矯正視力は1.2出ます。
    右目は裸眼で本やスマホ、PCモニターも見えるので満足していますが、左目は裸眼ではあまり役立ちません。
    また、外出用の眼鏡を作ろうとしましたが違和感があります。
    できれば左目を修正したいのですが、眼内レンズを入れ替える場合、
    1. 術後3、4か月経過していても安全に入れ替えられるでしょうか
    2. -2.5Dをねらって修正する場合、精度はどの程度期待できますか
    3. 術後に乱視、グローなどは発生しやすいですか
    4. 角膜内皮細胞の減少など、目の健康への影響はどうでしょうか
    5. 健康保険はききますか
    お忙しいところ恐縮ですがアドバイスいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

    1. 遅くなってすみません。
      本来、特殊な事情がなければ左右を同じ施設で行う方が、左右や経過を比較でき、精度は高くなります。
      左眼もまずは今回受けた施設で相談するのが第一です。
      眼内レンズのデータがあれば、それをもとに再計算するので、Toricレンズを上手に使用できれば精度はかなり高くなります。
      再手術までの時間が長くなるほど、癒着が強くなり、場合によってはToricレンズが使えずに乱視が強く出るリスクが大きくなります。
      また、前回手術時にチン氏帯が脆弱であった場合などは、再手術のリスクが高くなりますが、これは担当の先生しかわかりません。
      その他、基本的には診察をしないと何とも言えません。

      1. お礼が遅くなり申し訳ございません。お忙しい中、あつかましい質問に丁寧にご回答くださりありがとうございました。引っ越しで遠くなっても最初の眼科に通えばよかったのでしょうが、後悔先に立たず… 6月下旬に海外出張から戻りましたら診察していただきたく、その際はまたよろしくお願いいたします。

  15. 栗原先生 お忙しいところ恐れ入りますが、教えて頂けますでしょうか。
    15年ほど前に、白内障手術をしました。経過は順調だったのですが、2018年4月上旬に眼内レンズずれてしまい、4月24日東京の開業医で2度目の手術(左目)しました。ところが、再手術後の新しいレンズもズレてしまっています。執刀された先生いわく、水晶体のカプセル(後嚢?)の残骸が邪魔して、白目の部分に縫いつける際、ズレてしまったとのことです。また手術後、飛蚊症も結構出ました(網膜剥離等ではないとのこと)。

    執刀してもらった先生からはすぐに再手術しても良いし、しばらく様子見てからでも良いと言われています。
    そこで質問なのですが、見えにくい上に目がゴロゴロして違和感があり、頭痛・肩こりもするので再手術したいのですが、しばらく様子みても良いのでしょうか?

    また、再度この先生に手術してもらうのが良いか不安に感じております。都内の別のインターネット等で評判の良い先生に診てもらった方が良いのか、非常に悩んでいます。出来れば栗原先生に診てもらいたいと思っておりますが、埼玉からでも受け入れて頂けるものでしょうか?

    お忙しいところ恐縮ですが、アドバイス頂ければとても助かります。
    46歳 埼玉県会社員 男性 左目のみ手術

    1. たまたまですが、昨日は土浦市の開業医さんで強膜内固定の手術2件。
      明日もIOL落下で緊急の紹介があると連絡がきています。
      僕はこの病気・手術の専門科でもありませんが、急激に紹介が増えてきて、
      今年に入ってからは手技的にはかなり確立されてきたと思います。
      距離等、お手数でなければ是非来院ください。
      (誰がどこで受けても同じ。という手術はお断わりする主義ですが、
      難しそうで当院で極力治したい。という症例は別と思っています。)

  16. はじめまして。
    埼玉県在住28歳女性です。
    私は未熟児で生まれてすぐに未熟児網膜症になり、レーザーで冷凍凝固の手術をしましたが左目はそのまま失明してしまい、右目の視力のみでの生活をしています。
    右目の視力は裸眼ですと0.0いくつとかで眼鏡をして0.9まで矯正しています。
    年に一度地元の個人経営の眼科医で検査をしています。
    左目は失明したときから随分萎縮してしまい、黒目は青白く白濁しています。白濁は年々進み今は全体に広がっています。
    5年前くらいに都内の義眼屋さんでコンタクト型の義眼を作りましたが、左目はもともと角膜が薄くなってしまっているので義眼を入れるのが痛くて装着していても異物感があり涙も止まらなくなってしまい止めてしまいました。
    また、カラーコンタクトを試した事もありましたが、角膜が薄いので痛くて断念しました。
    あれから8年あまりになりましたが、最近ふとこの左目はどうしたら見栄えが良くなるのかと考えるようになりました。
    2年前に子供が産まれ、これからも子供とたくさん過ごしていきたいと思っていますが、写真など本当はたくさん撮りたいと思うのに、見た目写りを気にしてしまう自分がいます。
    家族写真もたくさん撮りたいのに。
    私の左目は視力はもう戻らないと思いますが、萎縮した眼球と白濁した黒目による顔の見た目が嫌で嫌で仕方がないです。
    ips細胞など画期的な発見もありましたが、
    どんな方法でもいいので、何か希望はあるのでしょうか?

    1. もう一度、有眼球義眼をチャレンジしてみる価値はあると思います。
      前回痛みで中断とのことですが、点眼薬や眼軟膏と併用しながらであれば
      徐々に慣れていく可能性は低くないと思います。
      または、眼球内容除去術を施行する方法もあります。角膜の知覚を排除できますし、
      一般的な厚みの義眼が入れられるスペースが作れます。

  17. 先生、はじめまして。
    51才・女性です。
    ご意見伺いたく質問させていただきました。

    昨年春、左眼で物を見た時に中心部が円く薄い黄色のフィルターがかかったように見え、また、にじむ様にも見えたので眼科医にかかると、網膜前幕との診断を受けました(黄色く見える理由はわからずとのこと)。
    その後大学病院を紹介され、夏に硝子体茎顕微鏡下離断術を受けました(ガスは注入していません)。

    術後翌日から手術した方の眼の一部に視野の欠損が現れました。
    執刀医とかかりつけ医にも相談したのですが、眼圧・眼底出血にも異常なく、OCTでも綺麗とのことで、原因がわからないと言われました。
    ただ、術後はっきりとしていた欠損した部分の輪郭が、若干ですがぼやけてはきています。
    手術から一年近く経ちますが、原因は何だったのか、欠けた視野が戻る可能性はあるのか、先生のご意見を是非お聞かせ願えればと思い、相談させていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    1. 攝子で膜を剥ぐ時に物理的な侵襲がかかったケース、
      目の中で薬剤(染色液など)を強く吹き付けたなどによる侵襲、
      ブルーではなく、インドシアニングリーン(緑)などの染色液を使った場合は、薬品による侵襲、
      還流液や使っていれば空気など、眼圧を保つための物質による侵襲
      などなど、あげるときりがありません。
      視野検査で1年間、変化がない場合、残念ながら症状固定と思います。

      1. 栗原先生、この度は貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。
        症状固定ということはショックではありますが、様々な原因からなるということがわかり、自分の中では少し納得できた気がします。
        こちらのブログで相談させていただけてよかったです。
        これからも目を大事にして過ごしていきたいと思います。
        ありがとうございました。

  18. 手術の結果、やはり網膜剥離でした。先生からの回答を見せて説得したのですが、「4月20日の手術まで待つ」と。(主治医の先生に悪いかな)となかなかセカンドオピニオンに踏み切れなかったり、かといって主治医の先生に自分の不安や疑問を伝えることにも、私たちは慣れていないようです。不安を抱えたまま手術。手術の際も痛みが有り、フルコースの手術は大変辛かったようです。現在は、ものが小さく見えること以外は症状は回復しました。ただ先生のブログや回答を読むことで、私も本人も(親身に向き合ってくださる先生がいる)と手術までの時間と術後の精神的な支えになっていました。お会いしてお礼を申し上げるべきところですが、この欄にて失礼いたします。本当にありがとうございました。

  19. レクトミー後の房水漏出で、薄くなった結膜を削除し、足りなくなった場合に保存強膜でパッチをあてる方法はどの程度期待できそうでしょうか?羊膜や他の結膜移動術と比べて成功率や長期予後が心配なのですが。

    1. 僕は保存強膜をあてるということは聞いたことがありません。保存強膜はそもそも生着しません。
      また、すみませんが、基本的にお一人に1回のみ回答させて頂くこととしています。
      何度かお問い合わせを頂いた記憶があり、一度完全にフラップを閉じるべき。と回答したような記憶もあります。
      これ以上は直接診察の予約をお願いします。
      当院ではまず前回の創を完全に閉じて、再上昇するならそこから仕切りなおすと思います。

  20. 先生のyoutubeでの結膜弛緩症手術を見て理解し、他院にて手術しました。愚痴ではないのですが、週に1,2回の勤務で、もともと予約がなかなかとれない先生だったので、ここ1年で急ぎの時や出血した時など、主治医の意見は全く聞けませんでした。術後ですが充血が3か月近く取れず、そのせいか2年近く経った現在もかなり広範囲で赤みが残ってしまいました。一度だけ診察が取れたのでその件を含め、まだ弛緩している箇所があるのか擦れて重たい感じがすると訴えましたが、目薬で対処するしかないですね。角膜には影響ないからしょうがない、というような対応でした。ほんの少し再手術していただければ事がすむと思ったのですが、全くとりあってくれません。間違いなく赤く充血してます。痛みはないですが、別の箇所で弛緩しているところは鈍痛があり疲労してます。こういったケースで途方にくれてます。先生のブログには、あきらかに重症で無い場合は手術適応ではないと書いてありましたが、先生のところでの診察などはどうなのでしょうか?術前は出血も度々あり、弛緩してました。いまは中途半端で困ってます。眼精疲労や結膜弛緩症の患者の場合は、疲れ目ですねと言われて放置されることも多々ありました。いくら主訴を強く訴えても伝わりません。術後は充血がありましたが、やって良かったと思える感じはありました。ゴロゴロと違和感や肩こり、その他の不調が無くなったからです。少しのつっぱりと鈍痛があるので何とかしたいと願っているだけです。わがままなコメントですが現時点での眼精疲労はきついです。

    1. 遅くなってすみません。
      結膜弛緩症の多くは、ムコスタ点眼など、点眼薬の管理でコントロールが可能です。
      手術自体が粘膜を減少させたり、炎症性の変化を伴います。
      将来的に粘膜の不足からドライアイなどを引き起こすリスクもありえます。
      当院では重症例以外は手術適応はないと考えます。
      結膜下出血や充血など、見た目を主訴に治療希望の場合でお引き受けすることもまずありません。
      よっしーさんの症状も、本当に結膜弛緩症からくるものなのか?
      ということも考える必要があると思います。

  21.  2013年以降5年間の間、先生には10回近く質問させていただきました。掲示板が変わり前回は数か月前で、以前よくみられた飛蚊症に関する連続投稿のようにはしないようにしていたつもりでしたが、投稿ルールに自分が反しているとの自覚はありませんでした。すみません。
     レクトミー前にはポスナー発作が多く、「レクトミーをなぜまだしていないのか、心配し過ぎではないか」とのことで、自分でも神経質になり過ぎかなとか、実際にレクトミーすることに迷いのない状態にも至ったため手術し、結果1桁後半という理想的な眼圧を得ました。しかしそれにも関わらず網膜がシワシワになり視力がガタ落ちし、低眼圧黄斑症がいつまでもしつこく直らないという状態がショックでした。
     強膜縫合、圧迫縫合はやったものの無効、ヒーロンV注入で網膜が一旦伸びても眼圧9で再びシワシワになることから残念ながら視力はあきらめるしかないと思うところ、今度は房水漏出が治らず悩まされています。
     キズをすべて閉じてやり直した方がいいことはわかっているのですが、その閉じ方に苦労しており、結膜上から強膜フラップを縫うことは前回効果がなく、追加縫合は今はその部分がぷっくりしてフラットではなく、薄くなっているから裂けるかもとのこと。
     結膜を一旦開いてやり直す場合も薄い部分を切除して結膜が不足するからそこをどうするか、執刀医からは保存強膜パッチを薦められ、羊膜は良い悪いの情報が錯綜して保険治療から今は外されている、遊離結膜弁移植も前はよく行われたが・・・等々。自分としては保存強膜よりは結膜弁移植の方がいいような、またテノン嚢移植の方が更にいいような気がしますが、それほど広まってはいないのか、・・・。
     主治医はなるべく保存療法でいけるところまではいった方がリスクは少ないのではといった見解。しかしどこまで様子をみるべきか、リークが増えるのであればやはり処置せざるをえないでしょう。
     主治医は緑内障で検索すると出てくる先生で、紹介された執刀医は先生と多分同じような世代で、大学病院には属しておらず手術件数も同じように多く、トラベクトームの最初の認定医でバルベルトの導入にも深く関与しているので、先生もどこかでご存知のDrかもしれません。しかし、保存強膜となると、生着しづらいという情報も知っていたので、そのまま手術を受けるべきかは疑問があったので、質問してしまいました。
     本当は患者はまな板の上の鯉で、あまり頭でっかちにならない方がいいとは思っているのですが、結果どうしてもいろいろ考えてしまう事態に陥ってしまいます。
     先生の病院からは遠く離れており、受診は困難です。また、軽々しい転医はすべきでないし、そもそもこの状態では対応してもらえる病院も限られてきます。
    今後質問できないのはたいへん残念ですが、先生は私の担当医なわけではないですし、しかたないです。 先生のブログは、なかなか得られない情報を多く得ることができ、たいへん参考になりました。日々たいへん多忙な中答えていくのはたいへんなことだと思います。
    今後もがんばってください。

  22. 眼科専門の病院で、視神経の疑いがあると、3日間ステロイド点滴したが、10日過ぎた、今、上瞼が腫れている、副作用なのかな、心配している、。

  23. 栗原先生、

    突然の書き込み、失礼いたします。
    小生30代半ばのものです。今年の5月末に眼科専門病院にて右目網膜剥離バックリング手術をいたしまして、現在3か月が経過しようとしています。(幸い、現在再剥離などはしていないとのことです。)
    以下、おうかがいできればと思っております。

    ・術後1週間程度から、手術を行った右目の視界の右のほうに、(剥離時とは異なる形状の)黒い影が見えることがあります。また、術後3週間くらいから、同じく右目の視界の右のほうに、ゼリー状のものが浮いて、光ったりします。剥離時の症状に似ていたので心配しているのですが、主治医をはじめ、他の病院でも見ていただいたところ「網膜はくっついているので、問題ない。」とのことで、この影・ゼリー状のものが何かわからないままです。ただ1度、硝子体の壁が剥がれてそれが浮いている?と可能性を示唆いただいたのですが、先生のご知見から、これはどのようなものなのでしょうか。またこのままで心配はないのでしょうか。

    ・術前には特段術法の詳しい説明もなく、急だったので、選択肢もないままバックル手術を行いましたが、今になりいろいろと術式の方法を見ていると、いわゆる硝子体手術を行ったほうが、術後の衝撃などに強い?ような書き込みも見られますし、また、視線のずれ(私はほんの少し、バックルの影響か、やっぱり焦点がずれています。)も無いので、硝子体手術のほうが良かったのではないか、と思っています。とはいえ、終わった手術ですし、今からバックル外して硝子体手術するというのも、現実的ではないとおもうのですが、バックルのメリットというのはあるのでしょうか。また、現状このままにしておき、再度(万一)何か起こった際、バックルを外し、硝子体手術を行うという選択肢をとるというのは、いかがでしょうか。

    ・いまだにステロイドを(術後二か月はやや強めのものを1日4回から、2か月過ぎたときに、弱めの物を1日2回にしていただきましたが)目薬を点眼しているのですが、緑内障?の不安もあり、そろそろやめたいと思っています。一般的に、どの程度までステロイドを続けられますでしょうか。

    ・仕事柄、術後半年程度で、海外赴任や出張の可能性もありまして、20キロ程度のスーツケースを持つ・運ぶなど、できるんでしょうか・・・また、飛行機も揺れたりしますが普通に乗れるのでしょうか。運動に関しても、ジョギングや水泳などできるのか、と不安でおります。ご助言頂けますと幸甚でございます。

    よろしくお願いいたします。

    1. ・眼内の炎症、硝子体の収縮による網膜の牽引などによって、網膜に光が当たらなくても視細胞が誤作動のように反応し、光や影、点滅などが見えます。
      診察上、網膜剥離がなければ問題なく、徐々に薄れていきます。
      ・30代(硝子体の量が多く、網膜との付着が強い)で、硝子体手術を行うことは増殖性網膜症という状態に陥るリスクが高齢者に比べて高く(万が一には失明に近い状態になる)、また間違いなく早期に白内障が進行します。バックルで治せる可能性が高いのであればバックルは標準的な加療法です。バックルを完全な悪と発信している先生たちがいらっしゃいますが、そういった先生の医院からのセカンドオピニオンで、小範囲・限局性の網膜剥離から再手術となり、シリコンオイルが入って白内障手術も併用となった方を診察した経験もあります。バックルでなおれば白内障含めて決して悪いことではありません。
      結局再手術となるなら硝子体がいいでしょうし、最初から治せなそうで硝子体を選ぶこともあります。基本的には結果論ですが。。。
      ・結膜の炎症(赤み)などが続いていれば、ヒキツレの原因になることもあり継続します。眼圧が上がる人は一部であり、すぐに辞めれば眼圧はもどりますので、あまり心配はありません。また、ここではなく主治医の先生に聞くべき項目です。
      ・通常、経過良好で2週間もたてば何の制限もなく生活してもらっています。当院では。しかし、これも主治医の判断に従うべきです。
      紙に質問項目をメモしていくと良いと思います。

      1. 栗原先生、

        日常の業務でお忙しいところ、ありがとうございました。
        4点とも、お答えいただき、大変励みになりますし、参考になることばかりでした。

        なにぶん、自宅が遠いものですからおうかがいできませんが、この場を借りて御礼申し上げます。

  24. 72歳男性です。
    今年7月某有名眼科病院にて左目の網膜前膜とこれに伴う白内障の
    手術を受けました。
    少し老眼があるので遠方がよく見えるレンズを入れたのですが、手
    術翌日から新聞等は良く見えるのですが、2~3m先からはボケて
    見えます。遠近の見え方が左右の目で全く逆なので違和感が激しく
    又、目も疲れるし視力もガタンと落ちました。
    レンズを間違えたのかな…?と思い主治医に尋ねると、多少の誤差
    は出ますので後は眼鏡での調整となります‥との事
    どうしても納得がいかず、「レンズを入れ替えて下さい‥」と、お
    願いしたところ、入れ替えると必ず視力が落ちるし、乱視も強くな
    るのでやらない方が良い‥!との事
    疑問と不安の中、途方に暮れていたところ栗原先生のことをネット
    で知り厚かましくメールさせていただきました。
    多忙の中 恐れ入りますがよろしくお願い致します。

    1. どの程度の誤差から、大きい・小さいというのは、時代や医院によってことなります。
      レンズの入れ替え自体はリスクが少なくなってきていますが、再手術によって乱視が増える症例もいます。(減る症例も)
      また、多くの患者さんが勘違いしていますが、白内障術後の遠視・近視・乱視の度数は決して一生同じではなく、生涯を通して変動します。
      (10年前のズボンがはける人もいるように、変動が少ない人もいますが)
      薄いメガネを嫌がって白内障手術をうけるような人で、術直後のみ満足して、5年・10年後にはもっと厚いメガネが必要になっていることも多々あります。
      もとがすごく悪い人が、ある程度よくなった場合に大きく喜ぶので、「白内障手術=ものすごくよく見える」というイメージが付き、手術に対して期待が過剰になっている患者さんが多くなりがちですが、決してそんなことはありません。
      検査もしていないので、どの程度の誤差なのかは不明ですが、例えば1D程度の誤差であれば、ただの期待過剰というケースもありえます。
      2D以上の誤差とかであれば、長期的な問題を含めても交換のメリットはあるかと思います。

  25. 栗原先生

     お忙しいところ、申し訳ございません。
     当方、東京在住の61歳の男性です。

     今年の6月下旬に、突然右眼の眼底出血を起こして近所のA眼科医さんを受診したところ、出血量が多い為網膜剥離等の可能性が有るとのことで、大病院を紹介して頂きました。
    大病院のエコー検査により、剥離や裂孔の可能性は低いことが分かり、7月中旬に硝子体茎顕微鏡下離断術と水晶体再建術を施術。
    事前の検査により術中IFISが予想され、術後に執刀医も
    少しやりにくかったとおっしゃっていました。(手術時間は約50分)
    手術の結果、出血の原因は網膜中心分枝閉塞症との診断で、出血箇所はレーザー治療をしていただきました。
     発症前は両眼とも-4.00程度の近視で、乱視は無く遠近両用眼鏡を使用していました。
    遠方に合わせた人工レンズを入れて頂き、裸眼で1.2の視力が出ました。(絶妙なレンズ選択で、遠視にはなっていません。)
    このままでは不同視で見ずらい為、左眼の白内障手術は
    簡単なので紹介元のA眼科で日帰り手術を受ける様にと、執刀医の指示。

     大病院からの診療情報提供書を持ってA眼科を受診したところ、まだ白内障になっていないから手術はできない!とのことで、眼鏡とコンタクトレンズでの矯正を開始。
    眼鏡での矯正は頭がクラクラして無理で、次にコンタクトレンズでの矯正は視力的には問題は無かったのですが、ドライアイの為に長時間の装用ができませんでした。
    装用が辛いことをA眼科医に訴えても、いずれ慣れる、乾いたら点眼液を注せば良いからと、全く取り合って貰えませんでした。
     困り果ててB眼科医を訪ねて事情を話したところ、コンタクトレンズが合わないのは分かるし、白内障も始まっているのだからと、左眼の手術を快諾して頂きました。

    大病院で再度B眼科医宛の診療情報提供書を書いて貰い、散瞳写真から手術可能との判断で、9月12日にB眼科医で手術をして頂きました。
     事前に通常より多少は時間が掛かるとは説明を受けていましたが、手術時間は1時間弱掛かりました。
    手術時、先生の想定外の事態が起きた様で、最初の頃は饒舌に話しかけて下さっていたのが、途中から全く無口になり、看護師への怒声等からかなり緊迫した様子が伝わって来ました。
    訳の分からないまま手術は終了し、痛みを感じながらお昼頃に帰宅しました。
    家で横になっていても、痛みはどんどん強くなり、この痛みは夜半まで続きました。(右眼の手術時は全く痛みは無く、横になることも有りませんでした。麻酔の注射が痛かったぐらいです。)
    翌朝受診し、眼帯を外すと上まぶたが異常に腫れていました。
    アレルギー反応⁇とのことで、3.4日で腫れは治まりました。
     今の左眼の視力は、裸眼、矯正とも0.7位で、手術前は裸眼で0.1か0.2位で矯正視力で1.2以上は出ていました。
    今も目がショボショボ・ゴロゴロしたり、薄い影のような半透明な膜が掛かった感じで、視野が狭い感じがします。
    B眼科医は、順調に回復してきているので、症状もだんだんと収まってくるだろうとの見解です。

     栗原先生にお聞きしたいのは、以上のような内容から判断するのは難しいかもしれませんが、B眼科医の言葉を信じて暫く様子を見ていれば宜しいのでしょうか?
    また、落ち着けば矯正視力は元の1.2以上出るものなのでしょうか?
     もし早めの処置が必要で有るのならば、どのような眼科や病院を訪ねれば良いのか、場合によっては栗原先生に診て頂くことは可能でしょうか?

     お忙しいところ恐縮ですが、ご返信頂ければ幸いです。
     

    1. 本当に遅くなってすみません。
      おそらく破嚢など、手術に関する合併症がおこり、レンズの固定が難しかった(特殊な方法で対応した)というケースと思います。
      手技の問題ばかりではなく、患者さんの目の状態(外傷後で弱っている・先天的になど)によっても起こるので、担当の先生が悪いとは言えません。むしろ、難しい状態になったあとに、きちんとリカバリーできたということは、ある程度しっかりとした技術のある先生です。
      大きな手術ほど、回復には時間がかかりますが、そろそろ落ち着いているかと。
      もし現在も見えにくさが残っていれば、一度受診されてみてください。

      1. 栗原先生

         ご連絡、有難うございます。
        破嚢が有ったかどうかは分かりませんが、術中に何らかの合併症が起こったのだと、私も思います。

         現在の症状ですが、眼のショボショボ感とゴロゴロ感が有り、見え方も全体的に霧がかかった様で所々に黒い影の様な物が出ています。それと横方向の視野が狭くなっている気がします。
        視力は矯正で1.0まで回復したのですが、曇天くらいの天候でもキラキラと眩しさを感じて困っています。

         3日前に術後の1カ月検診の折、上記症状を訴えたところ、ドライアイが強く出ているとのことで、ベガモックス0.5、ブロムフェナクNa0.1、ティアバランス0.1点眼薬を処方されました。
         手術中に虹彩にダメージが有ったので、眩しさ等の見えにくさは解消されないかもしれないと言われました。
         
         虹彩にダメージが有ったとしたら、自然に治癒したり、手術等で治療することはできないものなのでしょうか?
         また、また他の医療機関を受診する場合、検査機器が充実した大きな病院レベルが宜しいでしょうか?

         お忙しいところ、度々申し訳有りませんが、よろしくお願い致します。
         

        1. 追伸

           点眼薬が間違っていました。
          ブロムフェナクNa0.1、ジクアス3%、ティアバランス0.3に変更になりました。

  26. 一昨年の緑内障手術後、ずっと点眼薬治療を続けて来ましたが新生血管緑内障になってしまいました。来週繊維注帯切除術をする事に。説明にありませんでしたが術後うつ伏せ寝はするべきでしょうか?

    1. 緑内障手術にも各種方法がありますが、通常、うつ伏せが必要になることはありません。
      うつ伏せが必要なのは、糖尿病網膜症・網膜剥離・黄斑円孔などに対する硝子体手術になります。
      また、一般的な緑内障から血管新生緑内障になることもなく、網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症など虚血性変化(血流低下)の最終段階が血管新生緑内障です。おそらくで申し訳ありませんが、病状の理解が誤っているかもしれません。

    2. ご多忙のところお返事を頂きありがとうございました。実は、神戸在住の父親の事で。昨年7月に繊維注帯切開術後数ヶ月は30前後の眼圧、退院後から点眼薬で様子を診て貰っていました。次第に眼圧も高くなり40以下には下がることなく。6月に眼底出血があり、主治医から新生血管緑内障と診断。抗体注射、レーザー治療の末、今回の手術となりました。又、手術当日に病名の変更 右解放隅角緑内障で確定しました。只今、術後二週間経ち、ダムの水漏れ改善との理由で再手術をする事になりました。この先どうなるのかと、不安があります。

  27. はじめまして。
    先週10歳の息子が、網膜剥離で強膜バッグリング手術をしました。
    目がぼやけてみえるとの事で眼科に連れていくと、紹介状を書いてもらい次の日の夕方には、手術でした。
    説明はありましたが、急な事だったため、なにもわからず、手術になりました。
    ただ、色々見ていると、硝子体手術のほうがよかったのではないかと、不安になります。
    今日退院しました。
    右目の手術になりましたが、右は、文字がとびでて?見えるとのことです。
    まだ1週間なので、目の充血は、もちろんだとおもいます。
    ただまだ10歳。今からたくさん運動もするでしょうし、ボールも扱うでしょう、やはり制限があるのでしょうか。、いろんなところには、バッグリングが外れるとも、かいてあり、不安です。

    1. バックル自体が悪いと言うことは、決してありません。
      ネットなどでバックルを全否定するような先生がおられますが、バックルでなおれば白内障の進行などには有利ですし、
      上手くいったケースでは硝子体手術よりもメリットもある手術です。(うまくいかない場合は、どちらの手術も大変ですが・・・。)
      (神奈川で網膜剥離を硝子体手術で100%治すと記載してある医院がありますが、
      当院にも多々セカンドオピニオンがり、失明者もいますし、決して100%ではありません。)、
      通常、1ヶ月もあれば生活や運動の制限は不要と思いますが、病状の個人差がありますので、担当の先生とご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です